スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ありがとうございました!いつかまた!!

お久しぶりです。
ご無沙汰しておりました。
長い間、更新もなく申し訳ありません。
停滞、というより休止している間もお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。
コメントを残してくださった方々、お返事が出来ずに申し訳ありません。
最近、やっとコメントを拝見させていただいたのですが、だめだめサイトにもかかわらず、温かいお言葉をいただきとても嬉しかったです。
お一人ずつお返事できなくて申し訳ありません。
嬉しく拝読させていただきました。
本当にありがとうございます。




実はちょっと事情がありまして……
一年か、二年か、三年か……休止します。
今までも休止していたのに、何を今更なのですが。
サイトの方は閉鎖して、ブログは残そうと思っています。
いつか戻ってきたいので、どうしてもブログは残したい。
でもサイトは、もしかしたら家族の目にとまるかもしれないから、それでは死んでも死にきれない。
サイトの駄文をブログに移しました。


理由は続きに書いています。
もしよろしければ読んでいただければと思います。
実は、悪性新生物なるものが見つかり、入院手術をしておりました。
卵巣がんと言われるものです。
精神的に不安定で大変でしたが、何とか落ち着きました。

病気自体は仕方ないと受け入れられたのですが、主治医の先生を全面的に信頼することが出来ず、それが大変でした。
といっても主治医の先生は良い方なのです。優しくて……
ただ、二十年ほど前、まだ学生の頃、日曜日に倒れて救急の病院に運ばれて、そこの先生全員が最悪で、トラウマになっていたみたいで。
本人はそんなつもりはないのですが。
機器だけはその時の最高のものがあったのですが(いわゆるもうけ主義)お腹と全然関係ない脳の検査や辛い検査までさせられて、結局何か分からない。二日間放置の上、お腹を痛がっているからたぶん盲腸だと思う、と危うくオペされかけました。もしそこで手術されていたら死んでいました。

幸い父が大変怒って、ここで手術すればどうなるか分からないと(その時は私も両親も盲腸だと思っていましたが)
退院し、叔父に連絡したんです。でも連絡が取れなくて、結局母が懇意にしていたお医者さまにお願いし、もう腹膜を起こしているからすぐに手術しないと手遅れになると、外科の先生を紹介していただいたのです。
その先生が素晴らしい先生で、まさしく名医でした。技術も知識も人柄も最高の先生で、その先生にとても綺麗に手術していただき、良性ではありましたがとても再発率が高く後が大変だと言われていたのに、20年間全く何もなく過ごしてきました。(もちろん、盲腸ではありませんでした)
特に私の場合はほとんど手遅れでお腹の中はひどい状態でしたので、奇跡のようでした。
以来ずっと、その先生にかかっています。何でもよくご存じで、外科以外のことでもその先生に見ていただいていたのです。

ただ今回は卵巣……
どうしても婦人科にかからなくてはいけない。。。
それに先生はもう手術はやめておられたし。
手術って十時間以上かかるものもあって、五十半ばぐらいには結構きつくなってくるらしくて、叔父もそのぐらいで外来だけになったので、どちらにしても手術するには違う先生にかからなくてはいけなくて。
精神的に凄く不安定になりました。
私にとって違う先生にかかることは思った以上に難しくて……20年前のトラウマなんでしょうね。
違う先生は信頼できなかった。
たとえ良い先生でも心から信頼することが難しかった。
手術前にもう手術はしないとか無茶苦茶なことを言って、いい歳して先生に叱られて、婦人科の先生に手術していただきました。
今は婦人科の先生を受け入れることが出来るようになり、2ヶ月に一度の経過観察でお世話になっています。
それでも婦人科以外は、今でも外科の先生に診てもらい、多大な迷惑をおかけしたにもかかわらず、ずっと支えてくださっています。


今回、初めて本当の意味で死を意識しました。
同時に小説を読んだり、お話を書いたりすることも出来なくなりました。
サイトやアスカガのことも、アスカガスキーにあるまじきことですが、どうでもいい……なんて。それ以前に思い出すこともあまりなく。
すみません。。
自分がこんなに弱いなんて。
死ぬのが怖い、でもそれ以上にどうして先生が主治医じゃないんだろう、とか。
ほぼ鬱状態。
卵巣を取っちゃったからホルモンの関係もあって、よけいに情緒不安定だったのかもしれません。
今はその時に比べたら凄く落ち着いています。

で、落ち着いたらサイトのことが気になって。
お話を書くことも読むことも今はまだ出来ないんですが(と言うよりする気になれない)
もし、再発とかして運命を受け入れなくてはいけなくなったとき、サイトをそのままにしていて、家族にでも見られたら死んでも死にきれない!!(笑)
もちろんおばあちゃんになるまで生きるつもりです(両親には凄く心配をかけ、毎日ほど病院の送り迎えをしてもらって、とりあえず両親より先には死ねないと思っています)
が、小心者なので、サイトをこのままにしておくと精神的によろしくないので。
と言うことで、今までのお話をブログに移して、サイトの方は閉鎖することにしました。
ブログなら見つかることはないだろうと……
こんなことを考えられるようになってきたことが、元気になってきた証拠かもしれません。



アスカガはずっと大好きです。
リマスターも気になります。教えていただいたのですが、キスシーンは新規だったとか!
嬉しいです。
あとはリマスター後に期待ですね。
でも期待をするとアレなので……
元々30年後のリメイクを望んでいたので現状維持でいいかなあ。


今日はアスカガ運命の出逢い記念日。
一年後か二年後か、三年後か、またいつかアスカガ記念日に戻ってこられたらいいなあと。
そして今度戻ってこれた時には、元気になる情報がたくさんあったら嬉しいです。


最後に、この病になってから先生と父に言われた言葉なのですが。
順調なときは一生懸命にするだけでいい。でも順調にいかなくなったときは頑張ることが必要だ、と。頑張る=我を張ること。でないと立ち直ることは出来ない。そしてまわりは支えてあげることは出来ても、立ち直るのは自分自身にしか出来ないことだよ、と。

頑張っている人に頑張れというのは禁句だと言います。
でも自分自身は我を張ることも必要なんだと。
今はまだ我を張っています。生まれて初めてかもしれない。ぬるま湯状態で生きてきたので。
いつか我を張るが一生懸命に変わったとき、またここに戻ってこれるのかなあと思っています。

長い間、本当にありがとうございました。
たくさんの感謝を。
皆さん、どうかお元気で!
00 : 00 : 00 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

桐矢リン

Author:桐矢リン
ガンダムSEED/D カガリ溺愛 アスカガメインのブログです

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

SEED&アスカガサイト様

-CROSS ROAD-相賀藍様

-迷宮輪舞-篝姫様

-KUROSU-えりか様

-Blank-こびと様
Blank
-New World-仁科様
New World

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。